やわたのグルコサミンは国産がメイン|安全性が高い製品

婦人

確かな成分と安全性

腕を組む男女

良質な原料を使用

グルコサミンはアミノ酸と糖質のグルコースが結びついてできたアミノ糖の一種で、人間の体内には関節部分や爪や皮膚に存在している物質です。グルコサミンは軟骨を生成しますが、シニア層になると生成量が減少するため、軟骨が擦りへって関節痛を引き起こします。グルコサミンはカニやエビの殻に多い成分ですが、殻を食べる訳にいかないため、サプリメントを利用することになります。やわたの国産グルコサミンは、日本有数の漁港の鳥取県境港で水揚げされたベニズワイガニから抽出したグルコサミンに、相乗して効果があがるコンドロイチンとヒアルロン酸が配合されています。品質の良い日本海産のベニズワイガニの腹と足のやわらかい部分だけを使用しています。

含有量の高さが魅力

やわたの国産グルコサミンは、境港で水揚げされたベニズワイガニ以外にも国産の原料に拘って生産されています。やわたの国産グルコサミンに使用されているコンドロイチンは国内で水揚げされたサケが使われています。やわたの国産グルコサミンはグルコサミン含有量が多く、1粒に250mg含有されています。1日に3粒飲むだけで、750mgの量を摂取することができ、一日の目標摂取量を充分満足します。生産している工場は国際的な品質管理規格を満たしていて、安全性の高さも万全です。やわたでは、ベニズワイガニ以外にも植物を原料とした植物性グルコサミンも生産しているので、甲殻類アレルギーで摂取に慎重になっていた人にもお勧めできる商品を販売しています。